個人再生の相談はどの弁護士や司法書士がいい?

【個人再生の無料相談】どの弁護士・司法書士がいいの?

債務整理・借金の相談をするならココ!

借金返済の相談

借金の悩み、債務の問題。
借金の悩みは、自分だけではどうにもならない、深い問題です。
ですがいきなり、弁護士・司法書士に相談しようにも、ちょっと不安な気持ちになる、という方も多いでしょう。
このサイトでは全国や地方で借金・債務のことを相談する場合に、おすすめの相談事務所を紹介しています。
ネットを使って相談が可能なので、初めての相談という方も安心です。
また、全国や地方の法務事務所・法律事務所も紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

全国や地方の人が個人再生や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の債務・借金返済の悩み相談なら、こちらの事務所がおすすめです。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
費用の支払いは、分割払いにも対応しています。
相談料はもちろん無料!
借金の取り立てをストップすることも可能。
自己破産、任意整理、個人再生、過払い金、など、債務・借金について相談できます。。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談受付することができるので、お金に悩んでいる人も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、借金や債務の問題が相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに適した方法で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から支払できます。
任意整理についても、和解成功報酬・減額報酬などは一切取らないため、お得に解決できます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人も安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国対応の司法書士事務所なので全国や地方に住んでいる方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まないで、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の全国や地方近くにある法務事務所や法律事務所を紹介

全国や地方には他にもいくつかの弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてください。





全国や地方にある地元の法務事務所や法律事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

全国や地方で借金に参っている方

さまざまな人や金融業者からお金を借りてしまった状況を「多重債務」といいます。
こっちでもあっちでも借金して、借入れ金額も返済先も増えてしまった状態です。
消費者金融で限度額まで借りたので、次は別の消費者金融で借金。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングを限界までして、クレジットカードをたくさん作ったり。
多重債務の状態にまでなってしまった人は、大概はもう借金の返済が困難な状況になってしまいます。
もはや、どうあがいても借金を返済できない、という状況。
おまけに高い金利。
手詰まりだ、なすすべもない、と思ったら、法律事務所・法務事務所に相談してみませんか。
弁護士や司法書士に相談し、今の状態を説明し、解決するための方法を示してもらいましょう。
借金・お金の問題は、司法書士・弁護士知恵に頼るのが最良ではないでしょうか。

債務整理のデメリットとは|個人再生

債務整理にもさまざまな手口があって、任意で業者と話し合いする任意整理と、裁判所を介す法的整理の自己破産若しくは個人再生等々の種類が有ります。
じゃあこれ等の手続につきどういった債務整理デメリットがあるのでしょうか。
この三つの手段に同じように言える債務整理の欠点というと、信用情報にその手続きをした事が掲載される事ですね。いわゆるブラック・リストというような状況に陥るのです。
としたら、ほぼ5年〜7年ほどは、クレジットカードがつくれなくなったりまた借り入れができない状態になるでしょう。とはいえ、あなたは返済するのに悩み続けこの手続を実際にする訳なので、もうしばらくは借入れしない方がよいのではないでしょうか。じゃクレジットカード依存にはまり込んでいる人は、むしろ借り入れが出来なくなる事でできなくなる事によって助かるのじゃないかと思います。
次に個人再生または自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこれ等の手続きをした旨が掲載されてしまうということが上げられるでしょう。けれども、貴方は官報など視た事が有りますか。むしろ、「官報ってなに」という人の方が複数いるのではないでしょうか。
実際のところ、官報は国がつくるする新聞みたいなですが、消費者金融などの極一部の人しか目にしません。ですので、「破産の事実が周囲の人々に広まった」等という心配はまずもってありません。
終わりに、破産独特の債務整理の欠点ですが、一度自己破産すると7年間は再び破産できません。そこは十二分に留意して、2度と自己破産しなくてもよいように心がけましょう。

借金の督促、そして時効/個人再生

今現在日本ではたくさんの人がいろいろな金融機関から金を借りてるといわれています。
例えば、住宅を買う際にそのお金を借りる住宅ローン、自動車を買うとき借金する自動車ローン等が有ります。
それ以外にも、その遣い方を問わないフリーローンなど多種多様なローンが日本で展開されています。
一般的には、使い道を全く問わないフリーローンを活用する人が沢山いますが、こうした借金を利用した方の中には、そのローンを返金できない方も一定の数ですがいます。
その理由としては、勤めていた会社をリストラされて収入源がなくなり、首にされていなくても給与が減ったりなど様々有ります。
こうした借金を返済出来ない方には督促が実施されますが、借金それ自体は消滅時効が存在するが、督促には時効がないと言われています。
また、一度債務者に対して督促が実施されたら、時効の中断が起こるために、時効につきましては振出に戻る事がいえます。その為に、お金を借りている消費者金融・銀行等の金融機関から、借金の督促がされれば、時効が一時停止してしまうことから、そうやって時効が一時停止される前に、借金したお金はしっかりと払い戻しすることがもの凄く大切といえるでしょう。